10/12(日)赤々舎・姫野希美氏 特別公開講座

トークテーマ

初めての写真集をつくる
赤々舎は設立以来、新人の写真集を多く手がけてきました。写真集はカタログではなく、それそのものが写真家の作品として重要な存在となります。
“初めての写真集”は、どのようなきっかけから生まれ、どのように編まれ制作されているのかーー
この秋、赤々舎が送り出す石川竜一と仲田絵美の写真集へのアプローチを具体的に辿り、それぞれの写真が提起する新しい可能性についてもお話しします。


● 講師:姫野 希美(赤々舎代表)
● 日程:2014年10月12日(日) 10:30〜12:30
● 場所:宝塚メディア図書館(阪急逆瀬川駅カルチェヌーボ B2F)
● 参加費:¥2,000(一般)/図書館有料会員は無料でご参加頂けます


お申し込み

事前にかならずプライバシーポリシーをご確認ください。送信された時点で同意されたものとさせていただきます。

会員区分 (必須)
お名前 (必須)
よみがな (必須)
電話番号 (必須)
メールアドレス (必須)
ご職業
ご質問などがございましたら
ご自由にご記入ください。
この講座の情報をどのようにして
知りましたか?

講師プロフィール

【姫野希美】ひめのきみ/赤々舎代表取締役、ディレクター

青幻舎編集長を経て、2006 年に赤々舎を設立。写真集、美術書を中心に120冊余りの書籍を刊行。第33回木村伊兵衛写真賞の志賀理江子『CANARY』、岡田敦『I am』、第34回同賞の 浅田政志『浅田家』、第35回同賞の高木こずえ『MID』『GROUND』、第38回同賞の百々新『対岸』などがある。2014年より東京工芸大学教授。
http://www.akaaka.com/

誰でも参加出来る、特別公開講座