トピックス

講師の鈴木崇先生が梅田 蔦屋書店でイベント開催

講師の鈴木崇先生が梅田 蔦屋書店でイベント開催

当校で「写真表現力基礎」「写真集の読み方」などの授業を担当してくださっている写真家の鈴木崇先生が、新刊写真集2冊の刊行に際し、イベントを開催されます!


鈴木崇氏 写真集出版記念トークショー 

日時:6/13(土)14:00~16:00 (13:40開場予定)
場所:梅田 蔦屋書店 4th ラウンジ
※アクセス詳細はこちら
※書店内のフロアマップはこちら

講師:写真家・鈴木崇氏
ゲスト:RAD・榊原充大氏

定員:先着70名
参加費:無料
お申し込みは、下記URLよりお願いいたします。
http://real.tsite.jp/umeda/event/2015/06/suzuki-sakakibara-talk-show.html


梅田 蔦屋書店にとって鈴木氏との関係はオープン以前に遡ります。
店内内装の一つとして代表作「BAU」の常設展示を行うとともに、店内2箇所にあるエレベーターの周囲にウォールグラフィックとして大阪を題材にしたオリジナル作品を制作依頼しました。

その2作品にも共通するものはやはり「カタチ」。現在、六本木のIMA CONCEPT STOREで開催中の作品展のタイトルは「Form-Philla」。「Form」はフォルム(形)を現し、「Philla」は嗜好、偏愛などを意味します。店内への作品展示の際にも店内を見渡しながら、店内に蔓延る「形」についてお話頂いた事も色濃く覚えており、それはまさにカタチへの偏愛だったのかもしれません。

今回出版される写真集「BAU」「ARCA」の両作品にも最も色濃く表れている要素である「形」について、今回は京都の建築リサーチユニットRAD(Research for Architectural Domain)の榊原氏にお越し頂き、建築を専門とする人の視点から鈴木氏の作品に内在する「カタチ」についてお話いただきたいと思います。

日本写真界の中でも独自の路線で作品を制作し続けてきた鈴木氏にお話頂く貴重な機会です。
梅田 蔦屋書店店内にある写真作品も合わせてお楽しみください。
※写真集「BAU」「ARCA」ご購入特典
梅田 蔦屋書店でお買い上げ頂いた方限定で、オリジナルポストカードをプレゼント致します。

※梅田 蔦屋書店 HPよりコメント引用