畑 祥雄

ひとりでも発信できる総合映像の近未来

昔から、ひとりでできる映像表現は写真であった。

組織にも巨額な制作予算や締め切りにも縛られることなく、写真家は一人で撮影をした。

マスな読者・観客・視聴者を持つ新聞・映画・テレビのような大きな反響がなくとも、個人として深い洞察力やアイディアがあれば写真展や写真集が話題になり、メディア伝播をしながら社会に影響を与えた。現在、インターネットがWeb2.0と云われる映像や音楽がスムーズに送受信できる時代になると、普通の人が世界につながる独立自営のネット放送局を創れることになった。

もちろん、偉大な映画監督やプロデューサーの存在や巨額な宣伝活動が世界中に大反響を呼ぶ映画作品やTV番組を創る事実は今もある。

しかし、これからの時代は偉大な人のみを求めていない、「悪貨は良貨を駆逐する」の真逆で、普通の人が創る「良い映像表現の数の圧倒的な力」が劣悪な番組を見限る市民心理を増殖させる、この新しい法則が世界中で動き出している。

この歴史的な社会心理の大変容にいち早く気付き、総合知を学び、映像で行動する人が、新しい時代の表現プロデューサーになれる可能性を持つ。

「IMI/グローバル映像大学」は時代の変わり目を体感できる学びの場として一歩先を走り出している。

写真家/文化プロデューサー/関西学院大学総合政策学部メディア情報学科教授

1980年『背番号のない青春』で写真家としてデビュー。
以後、現代社会に鋭い視線を向けた作品を発表。
代表作は『西風のコロンブスたち』、『HANAKO/改良ニワトリの一生』など。
花博写真美術館の企画立案&プロデュース。
1997年通産省委託「文化財画像データベース」調査報告書作成に参加。
「複製時代-7つの個展-」出品(ハラ・ミュージアム・アーク)。
1998年文化庁近現代美術専門研修会講師担当。
1992年第3回ロッテルダム・フォト・ビエンナーレ招待作家。
パブリックコレクション:京都国立近代美術館、和歌山県立近代美術館、リバティーおおさか、スキーダム市立美術館(オランダ)など。
同志社大学法学部卒業、成安造形大学メディアデザイン群教授を経て、現在、IMI/グローバル映像大学の総合監督および宝塚メディア図書館代表理事を務める。


奥村昭夫

アイデア

グラフィックデザイナーとしてシンボルマーク、ポスター、絵本、フォント、パッケージ等のデザインも、ホームページや、シンボルマーク、ポスター、絵本の映像化デザインも、ドキュメンタリー映像をつくる仕事も重要なのはアイデアだと考えています。

デザイナー、京都大学客員教授、西北大学(中国)客座教授。

京都大学iPS細胞研究所・江崎グリコ・ロート製薬VI、京都大学ホームページ、
月桂冠・牛乳石鹸・ハウス食品・近鉄百貨店パッケージなどのデザインを手掛ける。
著書に「デザイン発見」(六耀社)、「干支の本」(アムズアーツプレス)、
「奥村昭夫的平面設計」「奥村昭夫的包装設計」「奥村昭夫的VI設計」(広西美術出版社)他。
日本タイポグラフィー年鑑、サントリー奨励賞、朝日広告賞、香港グラフィックデザイン賞、
ニューヨークADC賞、ニューヨークTDCジャッジズチョイス他受賞。

関連URL : http://www.okumura-akio.com/


椿昇

「アップロード」(表現)し続けよう

世界はインターネットによって農耕型から狩猟採取型に急激に変化した。
この世界では「アップロード」(表現)することで初めて人になる。
かって無いほど「個」に平等なチャンスが与えられると同時に、
自分で考え自分で判断し自分で表現しない「個」は、
この世界で認知すらされないという現実が広がることも意味している。
この人類最大のパラダイムシフトに日本社会は「いやし」という過った行動を選択した。
その危機に気付き、胸騒ぎを感じるのなら、いますぐ行動を起こさなければならないだろう。

アフリカで毎朝、シマウマが目を覚ます。
一番足の速いライオンよりも速く走らないと殺されることを、シマウマは知っている。
毎朝、ライオンが目を覚ます。
一番足の遅いシマウマに追いつけないと飢え死にすることをライオンは知っている。
ライオンであろうとシマウマであろうと変わりはない。
日が昇ったら、走りはじめたほうがいい。

アフリカの諺(出典:フラット化する世界 トーマス・フリードマン 日経新聞社)

京都造形芸術大学教授・美術工芸学科長

1953年京都市生まれ 現代美術家。
1989年「アゲインスト・ネーチャー展」。1993年ベニスビエンナーレ・アペルト。
2001年横浜トリエンナーレ。2003年水戸芸術館で「国連少年展」。
2005年占領下の物語Ⅱ美術担当。マサチューセッツ工科大学レジデンス。
2009年京都国立近代美術館「GOLD/WHITE/BLACK」展。
2010年六本木アートナイトメインアーティスト、瀬戸内国際芸術祭で2つのプロジェクト制作。

関連URL : http://vitalfoot.jp


森 公一

メディアアート研究/同志社女子大学教授

1958年大阪生まれ。
大阪教育大学大学院修士課程修了。
映像制作会社の制作ディレクターを経て、
92年にマルチメディア制作会社を設立。
『Cosmology of Kyoto 京都千年物語』、
『Tripitaka 玄奘三蔵求法の旅』などのマルチメディア・コンテンツ制作を行う。
90年代後半からはメディアアート研究を展開。
鑑賞者の生体情報を用いた作品『virtual/actual』『pneuma』などの制作(共同)や
メディアアートの基礎を体系化した『メディアアートの教科書』フィルムアート社の出版(共著)などを進めてきた。
現在は、脳科学とメディアアートを融合する実験プロジェクトを展開中である。


ヲノサトル

時間のつかいかた

映像と音楽の最大の共通点は「時間」にしばられることだ。
音楽は時間なしに存在できない。
音波は空気の振動だし、振動は物理的性質として時間を必要とする。

また映像は、時間軸上で変化し続けることによってのみ、それが「画像」ではなく「映像」であることを証明できる。
フォトシネマのように静止画のみで構成された作品も、全体としてみれば画面の順列配置が時間を生み出すからこそ、映像作品と呼ばれる。

しかし同時に、物理的な時間を超越する一種のトランス感覚を、どのように受け手に与えられるかで作る側の力量が問われるのも、この2つのジャンルに共通する点だ。
誰しも、長い上映時間を忘れるほどスクリーンに釘付けになった経験や、3分間のポップ・ソングから長編小説のように濃密なドラマを体験したことがあるだろう。

近年どちらの分野でも、デスクトップのみで完結する個人制作システムが急速に普及してきた。
受け手にとってはフリーサイトやダウンロード配信のような形で、自由に、断片的に、さらに言えば刹那的に、作品にアクセスできる環境が広がってきた。

その結果、これまで前提とされてきた職人芸、たとえば映像における作劇術や、音楽における楽式論のような「時間構成の作法」よりも、斬新な題材や画面構成、インパクトある音響そのものといった「一瞬の空気」が、これまで以上に重視されてきている。

つまり大事なのは、時間にしばられながらも、時間を巧みに支配し、過ぎ去る瞬間を鮮烈に生ききってみせること。
こう考えると、なんのことはない、映像も音楽も人生そのものだと言える。

「いかに生きるか」。
この永遠の命題に比べれば、「映像にどんなサウンドトラックをつけるか」だの「音楽にマッチしたビジュアルをどうつくるか」といった問題は、些細な技術論にすぎない。
それよりも、まずはじっくり人生について考える「時間」を持つことだ。
もしもあなたが真に魅力的な作り手になりたいのなら。

作曲家・音楽家/多摩美術大学准教授

東京学芸大学大学院修了。現代音楽の作曲からポップスのプロデュースまで幅広い作風で知られる。
芸術ユニット『明和電機』にオルガン奏者「経理のヲノさん」として参加、
ムード音楽バンド『ブラックベルベッツ』でも活動。
一方では「キリン/一番搾り」「ボシュロム/メダリストII」等のCMから
上海万博日本産業館の全周型映像音響展示(INAX)まで映像コンテンツの音楽制作も多数手がけている。
著書に『甘い作曲講座』『作曲上達100の裏ワザ』(リットーミュージック)ほか。

関連URL : http://www.swono.com/


江夏正晃

今音楽は聴く時代から作る時代へ

極端なことかもしれないが、作曲は楽器の出来る人の特権ではなくなったのかもしれない。パソコンというツールがすべての人に作曲するというチャンスを与えてくれた。ただ、感覚だけでは作曲は出来ない。そこにはさまざまなルールや手法がある。デジタルサウンド講座では「ワークフロー」と「トータルプロデュース力」ということを中心に作曲する方法を教える。現にほとんど楽器を演奏できない受講生が、1年足らずでプロに肉薄する作品を次々と作曲する。作曲してみたいという気持ちがあれば、是非1年後には作曲する喜びを味わってほしい。

株式会社マリモレコーズ代表/関西学院大学非常勤講師
作曲をはじめアーティストプロデュース、アルバム制作、CM他、音楽制作を行う。平行してアーティストDJ ebee#1として国内外で活動中。作曲、レコーディング、ミックス、マスタリングまで、一貫したプロデュースを得意とする。2007年より関西学院大学の非常勤講師。デジタルサウンド講座講師。
関連URL:http://www.cybermarimo.com/


江夏 由洋

映像新時代へ

2010年、映像の世界は新しい時代を迎えます。インターネットの急速な普及と、パソコンを中心とした映像技術の飛躍的な進歩により、誰もがレベルの高い映像制作環境を手にすることができるようになりました。映像を観て楽しむ時代から、創って楽しむ時代へ。もはやテレビだけが映像ではありません。私がテレビ局を退社した大きな理由は、多様化するあらゆる映像の可能性を知りたかったからです。昔のように映像編集は高価でハードルの高いものではなく、ノートパソコン一台で自分の作品を世界中に配信できるまでになりました。だから今がチャンスなのです。テープやフィルムといった「リニア」は次第に縮小し、メモリーやハードディスクなどといった「ノンリニア」が市場の向かう先です。IMIには、最新技術を学べるだけでなく、この映像新時代を切り開くための力を身につける場所があります。アイディアを形にする力こそが、今求められているといっていいでしょう。私が常に追い求める「効率的でかつ創造的な」デジタルワークフローを一緒に勉強しましょう!

映像ディレクター/株式会社マリモレコーズ
1998年東京放送(TBS)に入社。スポーツ局のディレクターとしてドキュメンタリー番組を中心に、オリンピック、世界陸上、世界バレーなど数多くの中継に携わる。2008年TBS退社。兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、独立。企画・撮影から編集・配信まで、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。特技:AfterEffects。
最新技術論:http://enatsu.net/movie/


中 敦史

グラフィックデザイナー
名古屋外国語大学中国語学科、インターメディウム研究所卒。
フリーランスとして映像、音楽、デザイン、WEBの仕事を展開。主にアパレル系のPV制作、会社VP、観光映像を手掛ける。講師として、同志社大学技術セミナー、関西学院大学、国民大学映像WS(韓国)、ASIA CREATIVE ACADEMY(韓国)、日本科学技術ジャーナリスト塾で映像・デザインの授業を担当。
2006年彩都メディア図書館に入社。IMI/総合映像大学講座ディレクター。2009年退社。
現在は高野山で家業(石材業)とクリエーター業を両立し、あらゆるクリエイティブに対応した全方向性のクリエーターを目指して邁進中。その他活動として、雑誌エルマガジンでの映画のタイトルデザインについての連載(連載終了)、某人気ブロガー、がある。